花を美しいと思う あなたの心が美しい。 サンシャインシティは花ざかり 2019 2019年も、花のイベント続々!

Y君 はじめての◯◯シリーズ【クリスマスローズ編】

Y君 はじめての◯◯シリーズ【クリスマスローズ編】

先生: 横山直樹さん(園芸研究家)

サンシャインシティの花イベントで何気なくお花を買ってみたけれど、そういえばお花を育てたことがなかったY君。
そんな初心者Y君が、いろんな先生にイチから教えていただくこのコーナー。

初回は、”冬の貴婦人”とも呼ばれる「クリスマスローズ編」をお届けします。

Q1

お店等で購入する場合、どのようなもの(開花株、苗)を選べば良いのでしょうか。

A

クリスマスローズは様々な種類があるので、好きなお花、模様や形を確認できる開花株がまずおススメです。小さい苗の場合は、ラベル通りの花が咲かないことが多いですが、楽しみとして購入するのも良いでしょう。また弱々しい葉っぱがたくさんある株でなく、しっかりとした大きい葉があるものの方が、花が咲く確率が高いです。

Q2

水やりの頻度(タイミング)や1回あたりの量を教えてください。

A

“用土の半分くらいが乾いたら、下から滴るほどたっぷりとやる”が基本です。管理場所や用土によって頻度は変わりますが、1週間に2度程度で十分です。真夏は日中の暑い時間帯を避けて、朝か夕方に鉢が半分くらい湿る程度に頻度よく与えるとよいです。

Q3

クリスマスローズに適した土はありますか。

A

水を与えた時、鉢の表面に水がたまらず速やかにしみこんでいく、水はけのよい用土が適しています。これは鉢の中に水が必要以上に残り、根腐れを起こさないようにするためです。植えるときの用土は山野草用土と花壇苗用土を半々に混ぜたくらいの割合が理想です。 (一例) 赤玉土5:鹿沼土3:腐葉土1:軽石1)

Q4

クリスマスローズに適した肥料はありますか。

A

クリスマスローズはゆっくりと成長する植物です。1~2カ月くらい効き目のある置き肥を与えることをお勧めします。与える時期は春(3-5月)と秋(10-12月)で、夏は暑さに耐え成長しない時期なので、与えないでください。

Q5

「植えつけ」・「植替え」という言葉を聞いたことがありますが、何をすれば良いのですか。また、行うタイミングや行う際に注意することはありますか。

A

「植えつけ」はお庭や地面に植えることで、暑い夏を避ければいつでも可能です。また「植替え」というのは鉢の大きさを変えたりすることです。クリスマスローズは根が詰まることを嫌います。2,3年に1度、徐々に大きな鉢に植え替えをするとよいです。

Q6

家の中での置き場所やベランダで育てるコツはありますか。

A

クリスマスローズは基本屋外で管理をします。秋から春まではしっかりと日に当てたほうが健康的に育ちます。寒さには非常に強いですが、逆に暑い夏は根が温まることを嫌います。鉢に直接日が当たらないようにヨシズ等で遮光をするか、日陰に移動することをお勧めします。1回り大きめの鉢に投げ込む(重ねる)二重鉢という方法もあります。

Q7

葉が元気ない時や黄色くなってしまった時、クリスマスローズが枯れてしまった時はどうしたら良いですか。

A

クリスマスローズの調子を見るには根の様子を見ることが大事です。根詰まりをしていないか、根が腐っていないか、表面には見えない部分をチェックするとよいです。葉ばかりが出てしまい花が咲かない株は、前年度の開花後、速やかに花を取り除かず、タネまで出来、体力を使ってしまった場合が多いので、出来るだけ早く花は切りましょう。

Q8

虫が発生した場合の対処と予防策はありますか。

A

クリスマスローズはあまり害虫がつきません。極度に乾燥するとダニが発生したり、春咲きの温かい日にアブラムシが発生することがあります。オルトランなどの粒剤を鉢に数グラム載せておくとハマキムシの発生なども抑えられますが、基本発生したら対処する方法で問題はありません。

Q9

交配って簡単にできるのでしょうか。

A

クリスマスローズは放っておいても簡単にタネができます。人工的にオシベから花粉を取り、他の株のメシベに花粉を付けることによって、交配も容易に出来ます。目標を持って新しい花を作ることが出来ますが、開花までに3年くらいかかります。

へぇ~。来年同じように咲かなかったり、3年くらい待たないと咲かない花もあるんですね。
うまく育てられるかなぁ。
でも、横山さんに教わったことで少し自信がつきました。来年のお楽しみということで、頑張ってみようと思います。
横山さん、ありがとうございました!

横山直樹さんプロフィール

横山園芸・代表社員。全国各地で講演会を行うほか、NHK「趣味の園芸」講師、英国シクラメン協会日本支部代表も務める。趣味は全身で植物とたわむれること。登山や植物散策、いけばな、あらゆる植物の栽培など、植物に関するすべてのことから感性を磨く。植物で一人でも多くの人を笑顔にすることがライフワーク。

ページトップへ