コラムMENU

花ざかりイベントレポート「サンシャインシティマルシェ ✕ IKEBUKURO LIVING LOOP」

池袋の街がリビングに!?アルパ1F南3入口外側エリアで「サンシャインシティマルシェ」が2020/10/30(金)~11/1(日)と11/20(金)~11/23(祝)の2回、池袋の街活性化イベント「IKEBUKURO LIVING LOOP」のサブ会場として初開催されました。


ずらりと並んだスタンドには、2020年、残念ながら中止になってしまった「春の花々とクレマチス展」や「夏花フェスタ」に出店予定だった生産者の方々が育てたお花と植物が各地から届き、販売されていました。色とりどりの花々を見ていると、気持ちが晴れ晴れとしてきますね。


シクラメンや多肉植物、マーガレットなど定番で人気のお花が並んでいます。
お買い物ついでに立ち寄られるお客様も見受けられました。おうち時間が長くなってお花を育て始めた方も多いそうですから、興味を惹かれた方もいらっしゃったかもしれませんね。


ポインセチアは冬の植物ですが、意外にも寒さには弱いそうです。
冬咲きのクレマチスは、春とは違って下向きに咲くのでおしとやかな印象を受けますね。

花や植物だけではなく、野菜や果物なども販売されていました。「バスあいのりマルシェ」は、地方から新鮮な野菜や果物を高速バスの空きトランクに乗せて直送するのだそうです。高速バスのトランクをシェアリングして、普段はなかなかお目にかかれない、貴重なお野菜などが手に入る他、エコ活動にもつなげているそうですよ。


サンシャインシティ アルパ館内店舗の出張販売もあり、テーブル席も設けられて、いつも何気なく通り過ぎる通路が一息つけるカフェになっていました。

冬だということを忘れそうですね。

サンシャインシティでは、2021年も様々な花イベントを開催予定です。変更及び中止の可能性もございますので、サンシャインシティは花ざかり!WEBサイトや、サンシャインシティは花ざかり!FacebookInstagramにて最新情報をご確認の上、お越しください。

ページトップへ